今回はα-リノレン酸とはどんなものなのかをみていきたいと思います。

α-リノレン酸を多く含む食品にはどのようなものがあるのか、どのような効果があるのかも解説していきます。

α-リノレン酸とは何か?

α-リノレン酸とは一言でいってしまえば体に必要な脂質で、DHAやEPAに変換されるものです。

α-リノレン酸の最大の特徴は非常に酸化しやすいというところです。

酸化した脂がどうしたのかということになると思いますが、酸化してしまった脂というのは体の老化速度を促進させたり、動脈硬化を助けたりしてしまうものです。

では酸化させないためにはどうしたらいいのかと言えば、なるべく早く使い切ってしまうということです。

またもう1つの特徴および弱点は熱に弱いという性質を持っているということです。

熱に弱い性質を持っているからドレッシングなどにして摂取するといいと言えます。

確かに扱いにくいという点がどうにも気にくわないと言えるでしょう。

でもα-リノレン酸にばかり注意せずともDHAやEPAがあるので、効能を気にしなければそこまで気に留めるようなものでもないと言えます。

α-リノレン酸をどのように摂取するかは個人次第です。

α-リノレン酸の体に与える影響について

α-リノレン酸はどのような働きを体の中でするのかと言えば、血栓がつくられることを防止したり、血圧を下げる役割を果たしたり、アレルギーを抑える効果などがあるわけです。

α-リノレン酸はDHAおよびEPAの元なので、働きはDHAやEPAで説明されてるものとなんら変わりません。

ですがα-リノレン酸の働きにだけ注目するとDHAやEPAの話では出てこなかったものがあります。

それはアレルギーを和らげる効果についてです。

リノール酸過剰摂取によるアレルギー要因となるため、α-リノレン酸がリノール酸に拮抗して働きかけるため抑制できるのです。

もう二つあり、一つ目が老化を予防する効果があるということで、これは細胞にある細胞膜を構成しているのがα-リノレン酸だからに他なりません。

二つ目がうつ病の効果を軽減できるという点で量の枯渇によってうつ病が発病するということしかわかっていませんが、うつ病にα-リノレン酸の量が関係しているからと言えます。

それ以外に美容系においての効果も発揮することがわかっており、皮ふのしわやたるみを予防してくれるということができます。

 

α-リノレン酸を多く含む食品について

α-リノレン酸は一部の植物の種子に多く含まれているもので、最も多いのがアマニと呼ばれるアマニ油の原料になっているものです。

油ではなく自然の食品から摂取すると仮定した場合では、くるみが1番多く100gあたり9000mgものα-リノレン酸を含んでいます。

α-リノレン酸を多く含んでいるほとんどの食材は加工されて油となり、食用にされて早く使い切ることが必要な状況にあるいはサラダドレッシングにせざるを得ない状況にあります。

無理に油をつかって摂取するよりも自然な食品から摂取する方が簡単であると言えます。

自然食品で1番含有量が多いと説明したくるみは、パンに素材として使われていることから簡単に摂取することができる感じがします。

ですがくるみはパンとして焼いてしまった場合、熱に弱い性質を持つα-リノレン酸はほとんど摂取目的ではなく、食感目的でしかないと言えます。

熱を加えずにベストの状態にするのはやはりサラダドレッシングにするしかないということでしょうか?
どのようにしたらα-リノレン酸を多く含む食品を上手にかつ効率的に自分の体に摂取することができるのかということは、自分でやってみて試してみればいいと思います。