今回は中性脂肪を下げることができる食べ物や飲み物をみていきたいと思います。

中性脂肪で悩んでいる人も多いと思いますので、しっかりと解説していきたいと思います。

中性脂肪を下げられる飲料(飲み物)について

中性脂肪を下げられる飲み物は全部で4種類あり、はじめに紹介するのは中国で代表的なお茶とされるプーアル茶です。

このプーアル茶なぜ中性脂肪を下げられるのかと言えば、プーアル茶の発酵成分が脂肪を分解する酵素を促すことによって助けているからです。

もう一つあり、それは体内への吸収を抑えるようにできる効果もあります。

次に紹介するのはこれも中国茶の一種ギャバ茶で、このお茶が中性脂肪を下げる働きをしているっていうのは、中性脂肪を抑える働きを持っているからです。

もう二つの内の1種類はルイボスティーこれも上で紹介したギャバ茶と同じ理由から中性脂肪を下げる飲み物として知られています。

最後に紹介するのはウーロン茶で、これは上のどの種類にも属さない性質を持っており、ポリフェノールによって脂肪を分解する上、吸収と蓄積を抑制する働きがあるから中性脂肪を下げることができると言われています。

 

中性脂肪を下げる食品および食材(食べ物)について

中性脂肪を下げる食品および食材(食べ物)でまずはじめに紹介するのは、食物繊維が豊富な食材です。

食物繊維が多い食材から順に三つ例にあげれば、1位にきくらげ,2位に干しひじき,3位に干ししいたけなどです。

食物繊維が豊富なもの摂取することによる中性脂肪を下げる効果は腸で吸収して中性脂肪の要因であるコレステロールなどを排出するからと言えます。

ひじきの驚いた話をするとひじきは昔鉄分豊富だからいっぱい食べたらいいと言われていたが、それは単に鉄鍋で調理していたからということが理由とのことです。

次に紹介するのは中性脂肪を下げる青魚トップスリーです。

中性脂肪を下げる青魚トップスリーと言えば、いわし・さば・さんまのことです。

なぜ中性脂肪を下げるのかと言えばEPAが肝臓の脂肪合成を抑制する上、血液中の中性脂肪の増加を抑えることができるからだと言えます。

次に注目すべきのが大豆で肝臓の中で合成を阻止する以前に糖から脂肪になるのを防ぐ能力を持っています。

以上のことから中性脂肪を下げる効果は、抑制するか吸収するかの二パターンに主に分類されることをわかったと思います。

 

中性脂肪を下げる調味料(その他番外編)

中性脂肪を下げる効果がある調味料として知られているのはたった二つだけです。

中性脂肪を下げる効果のある調味料の一つ目は酢です。

なんでここで酢が関係するのかと言えば、1日に15〜30gつまり大さじ1杯か2杯も摂取することによってやっと中性脂肪を血液中で抑制するというパターンの方です。

これは細かく言ってクエン酸が関わっており、体の中の代謝システムの一種にクエン酸サイクルと呼べるものが存在していて、それによって脂肪が燃焼されて抑制できるというわけです。

アドバイスとしては中性脂肪が高い人は1日15gを目安として適量だと言えます。

次に紹介するものは唐辛子で、辛味の元になっているカプサイシンという物質が脳の内臓感覚神経を刺激して脳を興奮させアドレナリンを分泌して体を活動的にさせます。

そして体を活動的な状態にさせることによって、エネルギーを消費させて体内の脂肪を脂肪酸へと変える働きをするというわけです。

確かに唐辛子はいらなそうに見えるかもしれないが、脳からアドレナリンをたやすく分泌させることができない人でも簡単に摂取することで、分泌できると言えるから紹介したのです。